F&S CREATIONS RECRUITING 2019

エントリーはこちら

先輩のこと

デザイナーとして、人として、もっともっと成長したい。勉強また勉強の人生ですが、やりがいのある2年目です。

デザイン部 グラフィクデザイナー

03

小さい頃から自然と行っていたモノづくり。今まで学んだ知識を活かしたくて。

小さい頃から私の人生において一つの大きな柱であった「モノづくり」。大学や、今まで学んだ知識を活かせる仕事ができたらと、制作系の職業をメインに会社を調べていました。そんな中、出会ったのが、当時通っていた大学の、一駅先にあったF&S。会社説明会で、F&Sの特長のひとつである「代理店を通さずクライアントと直接取引をする」という話を聞きました。このことは、本来、ねじれのないデザインを行うためには大切なことだと思います。しかし実際にそれができている会社は残念ながら少ない気がしています。クライアントと直接話しをし、相手の反応を見ることができるという魅力に惹かれ、受けてみようと決心しました。(大学の隣の駅にあるため、授業を休まずに説明会や面接に行けるということもまた魅力のひとつでしたが…笑)

第一印象ですが、会社の説明や就活生へのメール対応などを直接社長がされていて、思っていた会社における社長のイメージが崩れました。この会社ではこんなにも社長が身近な存在なのかと驚くとともに好感が持てました。また余談ではありますが、面接の際に出していただいたお茶が良く冷えていて美味しかったのも印象的でした。(笑)

大学の延長線のような仕事につけて良かった半面、仕事の厳しさを実感する毎日。

大学で、デザインとは「問題解決のための手段である」と習いました。まさにその通りだと思っています。デザインという仕事は、人から人に、正確かつわかりやすく伝えるためのツールを作る仕事です。自分にとっては大学の授業の延長線のような仕事ですが、学生の頃のように課題で物を作ることと、現在のようにクライアントの依頼で物を作ることでは、考え方も責任感もまるで違います。大学では「自分のためのモノづくり」でしたが、仕事では常に「人のためのモノづくり」になります。(とはいえ未だにコンセプト無視で暴走することが度々あるため、今後の課題でもあります。)

大学では自己流・自己満足で作品を作ってきましたが、会社に入っていざ仕事となると、いろいろと専門知識(業界的には常識の範囲なのでしょうが……)が足りていないことに気づかされました。そんな時、先輩や上司の方が、自身の仕事が進まなくなるにもかかわらず、時間を割いて解説をしてくださり、いつも有り難く思っています。また、入社後すぐの研修も、社会におけるマナーから仕事の進め方、考え方などについて丁寧に教えて頂き、この会社で学ぶことができてよかったと感じました。社内コンペではひとつの問題に対して人の数だけ答えが出てくるため、自分では決して思いつかなかったアプローチを見たときに、デザインの奥深さや可能性を再認識し、感動します。

街で自分や仲間が創った広告をみる感動。デザインとともに深みのある人になりたい。

作ったものが実際に世の中に出て行くのを見たときにとてもやりがいを感じます。自分の制作物はもちろんですが、社内の他の方の作品を街中で見かけたりすると、たとえ自分はその仕事に全くかかわっていなかったとしても、非常に誇らしく、嬉しくなります。 少し前、展示会用の大きな壁面パネルのデザインをし、それが使われている様子を見た時のこと。そのパネルにはクイズが掲出されており、来場者はそのクイズを解くことによって学べる、という趣旨のものだったのですが、実際にクイズを解いている人たちを見て、自分が誰のために、何のためにこれを作ってきたのか、はっきりと自覚できたという点で非常に印象的な出来事でした。
印刷物は一度印刷して世に出してしまうと、それを訂正するのは非常に難しいことです。一度コピペのミスで大きな間違いを犯しかけ、その時の反省から制作物の情報に間違いがないか、気を張って作業することを心がけています。
2016年はF&S入社2年目に突入します。入って半年ぐらいは周りの環境が変わりすぎて、正直その変化についていくのに必死、という感じでした。最近では少しずつ周りや自分を見る余裕が生まれましたが、出来ないことの方が圧倒的に多く、知識も足りていないと自覚する毎日です。知識としての勉強はもちろん、仕事以外でも一般のコンペなど勉強としての作品作りを積極的にしていこうと考えています。また、人と会話することが正直言って苦手なため、人とのコミュニケーションを楽しんでとれるようになれたらと思っています。そのためには人やグループを積極的に開拓していく必要があるのかなと。新しい所に行ってみたりチャレンジしたり。まず人と出会う機会を増やし、今まで自分の中になかった価値観を積極的に取り入れて、もっともっと深みのある人間になりたいです。

OFFの私

絵の教室に通っているのですが、クレヨン好きな先生の影響でクレヨン画をよく描きます。描くことはもちろん、年の離れた人々と会話をすることも刺激になります。 

就活アドバイス
F&Sという会社は、やるときは真面目に真剣に。でも遊ぶときは遊ぶ。という会社です。 自分の意見をしっかり持ち、自分の言葉で説明できる人に入社していただけると嬉しいです。わたしは他の人ほど就職活動をしてこなかったので大したことは言えませんが、強いて言うなら、誰だって初めての就活、不安だらけなのは当たり前だと思います。就活は辛いものだけれど、同時に自分の生き方を自分で決めることができる大きなチャンスだと思います。自分が社会において何を成し次の世代に何を残していけるか。そんなことを真剣に考えることのできる、人生でもめったにない「就活」という機会を、全力で活用する気で臨んでみてはいかがでしょうか。

top