F&S CREATIONS RECRUITING 2019

エントリーはこちら

先輩のこと

お客さまからの「ありがとう」に感激。2年目は、自分発のプロジェクトで貢献したい。

デザイン部 WEBデザイナー

02

大好きなデザインの仕事。さらに成長するために、仲間を求めて。

現在私は、お客さまのWEBサイト全体の設計に始まり、デザイン、さらにはそれをWEBページ上で機能させるためのコーディングという変換作業までを行っています。
私はキャリア採用組です。2つの組織を経験し、3社目がF&S。実は、前職の際に、ある企業さまのWEBデザインを担当させていただいたのですが、それを依頼したのがF&Sでした。当時のF&Sには、まだWEB部門がなかったため、私の勤めていたWEB専門の制作会社に外注することになったのでした。

もともとは、レコードやCDのジャケットデザインに憧れて、この道に入った私。デザイン作業は本当に楽しいのですが、一人で黙々とPCに向かうばかりではなく、いろいろな仲間とワイワイと触発、刺激し合って仕事がしたいと望むようになっていました。と、そんな折に、F&Sから声が掛かったのです「今度、新しくWEB部門を立ち上げるので、キミ、いっしょにやってみない?」と。カッコよく言えば、ヘッドハンティングということですね(笑)。

心地いい職場の空気感。デザインに対する真摯な姿勢に心が動いた。

「真面目な会社だな」それが、会社訪問時の第一印象です。ドアを開けると、まずは気持ちいい挨拶の声に迎えられました。社内に入っていくと、シ〜ンとしていて、程よい緊張感が伝わってきます。みんなが、デザインに集中しているのがよく分かりました。面談の後、社長の濱橋さんは酒の席にも誘ってくださり、デザインへの思いを熱く(!)語られました。さらに私に「あのWEBデザインは、どんなことを考えて制作したのか?」と興味深そうに訊ねてくださったのです。私は「自分の仕事は、そんなところまで見られていたのか」とハッとしました。「よし、ここで挑戦してみよう!」新しい仲間たちとともに、上をめざすぞ。私は心を決めたのでした。

WEB部門のゼロからの立ち上げは、正直、大変でした。コーディングには、デザイナー全員に共通のルールを定めておくことが必要なのですが、それも一からつくることになりました。立ち上げ当初は、全然受注がなかったり。逆に仕事が回り始めると、一人で何でも引き受けなくてはならなかったり。でも私は、何事にも「できない」とは言わない自分の主義を、何とか貫くことができました。

大きな役割を担って、加速中のWEB部門。お客さまのために、さらなるパワーアップを。

あれからあっという間に2年が過ぎ、現在のWEB部門は、少しでも会社に貢献できるところまで辿りつけたでしょうか。グラフィックとWEBは、トータルな提案を強みとするF&Sにとっては、欠かすことのできないデザインの両輪。ますます大きな期待が掛かっています。
F&Sでは、社内でただ制作作業をするばかりではなく、直接お客さまを訪問して、ヒアリングや提案、さらにはご評価も伺うことができるので、とても手応えがあります。とりわけ、サイト制作によって、売上が伸びた等の、良い結果のご報告を受けた時は嬉しいし、次につながる励みとなります。
私がめざしているのは、お客さまとユーザーサイド、両方の要望に応えられるサイトづくり。進化の速度が速いWEBの世界では、デザイン面でも技術面でも、新しいことに挑戦し続けることが大切です。私自身は、とにかくいろいろなデザインを見ることで、いつも頭をやわらかくするよう心掛けています。
私は、F&Sに出会えて本当によかった。今後は、お客さまのために、もっともっと成長していきたいと考えています。WEBのチーム全体としての取り組み体制を強化し、企画開発力、提案力をさらにアップしていけたらと、新たな思いに胸をふくらませています。

OFFの私

レコード屋巡り。ジャズ、ファンク、ソウル…すでに1,000枚はコレクションしているでしょうか。ジャケットを眺めるだけでハッピーに。妻と二人で(最近、社内結婚しました♪)、あちこち観察しながら、ふらりと近所を散歩するのも楽しみの一つ。

就活アドバイス
この先が良くなるのも悪くなるのも、今の自分の行動次第。だから、日々真剣に行動を! そして、何事も前向きに!!

top