F&S CREATIONS RECRUITING 2019

エントリーはこちら

先輩のこと

お客さまからの「ありがとう」に感激。2年目は、自分発のプロジェクトで貢献したい。

営業部 営業職

01

組織は小さくても、できることは幅広い。そのおもしろさに、心魅かれて。

大学でメディア社会学を専攻したのは、ただ何となくの直観でしたが、実際に学び始めると、とても自分にしっくりしていて、毎回の講義が待ちきれないほどでした。ゼミでは、地域情報誌の制作にも挑戦して、とても大きな手応えを感じました。それでも、出版・広告業界は自分にとってハードルが高すぎるからと、就活で当初めざしたのは、全く別の業界。結果は全滅。やっぱり自分に合っていなかったのです。そんなタイミングに、大学の就職課で「ハローワークには、小さくとも優秀な企業からの採用情報が集まっている」とアドバイスを受けて、たまたま知ったのがF&Sでした。

会社訪問すると、いきなり社長面接。それも1対1です。驚きましたが「経営者と、こんなに身近に話せるなんて素晴らしい」と感じたのです。会社のことを一つひとつ、とてもていねいに説明してくださったのが印象的でした。何より、業務領域が多岐に渡っていて、そこにおもしろさを感じた私は、すぐに入社を決めました。
先生や友人たちからは、口々に「あなたの行くべきところに行けたね!」と祝福されて、本当によかったと実感しました。

仲間たちに支えられながら踏ん張った日々。お客さまから、思いがけないご褒美が。

正直なところ「営業」という仕事について、私は何もわからないまま入社しました。何もかも、慣れないことの連続。仕事を獲得するために自社を積極的にアピールすること、企画を効果的にプレゼンすること、もちろんお金の話をすることも。何でも自分から主体的に動いていくのが、この仕事の特徴です。自分には向いていないのでは。心が折れそうになることもありました。でも、何もまともにできないまま、ここで投げ出すわけにはいかない。私の負けん気が顔をのぞかせました。先輩や昔からの友人たちにも支えてもらいながら、私は何とか歩き続けていたように思います。

そして、昨年の暮れのこと。「今年一年、お世話になりました」と、あるお客さまにご挨拶をした時「私たちにとって、F&Sさんの存在はとても大きい。これからも頼みますね」と、特大の「ありがとう」を言っていただけたのです。本当に嬉しかった!!
日頃から弊社では、メールばかりに頼らない、電話や直接訪問等、レスポンスの早さと密なコミュニケーションをとても大切にしています。それに加えて、先のお客さまでは、探し求めていらしたものにぴったりのアイテムを私からご提案でき、そのデザインについても期待以上…と、まさにF&Sという会社全体の力を発揮して、ご満足いただけた結果でした。お客さまと直に接し、喜びや信頼を享受できる。その手応えは何物にも代えられません。

大切なのは、自分が何をしたいか。次のステップは、自ら発信してそれを形にすること。

今、私が仕事の中で大切にしているのは、敬意と感謝。デザイン部に対しては、絶対の信頼があります。デザイナーの意思を尊重し、自由にデザインに専念してもらいたい。私の役割は、そのために、お客さまの情報や目的を、できるだけ細かくわかりやすく説明すること。お客さまの“ビジョン”や“思い”、さらにはデザイナーのイメージといった無形物が、やがて一つの具体的な表現やツールへと形を獲得していく行程は、何度経験してもワクワクします。 以前、営業部の先輩が話してくれました「大関さんが何をしたいか。それを大切に仕事すれば良い」と。与えられた仕事をこなすのが全てではない。自分の気持ちや意識を注いで仕事をすれば、楽しくなるし夢中になれる。自然といいものができていく。この言葉は、何か迷った時、いつも私の道しるべとなってくれています。 ただガムシャラに進んできた1年間。ようやく私も、自分の足で歩き始められるようになった気がします。“新人”の殻から抜け出して、自分から発信して何か一つでも形にできたら、と考えています。小さなことでもいい、お客さまや会社、職場のみんなのために。

OFFの私

音楽仲間と、バンドセッションを。50〜70年代の洋楽、特にビートルズは最高!

就活アドバイス
自分の枠にとらわれないで、行きたいところに自由に足を踏み入れてみたらいいと思います。

top