2015年07月29日(水)

ロゴのデザインと表現

皆さん、こんにちは。

今日は、ロゴデザインとその表現についてお話しします。

ロゴは、会社のマーク、家で言えば家紋のようなもの。

なので、とても大切ですね。

ロゴがあるのとないのでは、見た感じが大きく異なり、会社のイメージに大きく影響します。

たとえば、名刺。

ロゴが存在するだけで、印象がぐっと良くなります。

そしてロゴに使用されているインクの色、つまりカラーですが、

その赤や青や緑の色合いが高品位な印象を強めてくれます。

ロゴのデザインは、その企業の想いや希望といった情報を小さなかたちの中で表現する必要がありますから、

多くの考察を経ながら作成していきます。

このように小さなボディにぐっといろんな要素を詰め込んだロゴですから、

その表現も凝ってみたいもの。

そこでお薦めなのが、箔押しです。

金、銀、つや、マット、顔料、ホログラム、など、いろいろな材料と手法があります。

ロゴに箔を使うだけで、高級感・品質感が、天と地ほどの差が出ます。

また、エンボスや抜きといった手法を合わせることで、素晴らしい印刷(広告)物に仕上げることができるのです。

会社ロゴ、製品ロゴ、周年ロゴ、ロゴにもいろいろあるけれど、

その表現次第で宣伝の世界観が変わってきます。