2015年05月19日(火)

周年記念ロゴ制作してみませんか。

>>周年応援.com

日本では、現在、会社の数は300万社とも400万社とも言われていますが、

その中で、黒字経営を行えている会社は、約2割ということです。

このように多くの会社が赤字経営を余儀なくされている中で、

創立10年、20年、30年を迎える企業の皆さまのご活躍は羨ましいばかり。

また、隠れた営業努力に頭が下がる思いを抱いています。

だって、赤字経営を続けていては、10年、20年と会社を存続させることはできないですものね。

そのような大変価値のある貴社企業活動の節目である創立記念の年を祝う際に、

周年を表すロゴマークを作成されてみてはいかがでしょうか。

周年記念ロゴの価値(マークとしての働き)は大変大きいと思います。

ロゴマークと言って、すぐに思い浮かべることができるものが、

会社のコーポレイトマーク(CIマーク)だと思います。

コーポレイトマークは会社の規模が大きければ大きいほど、

その露出頻度は大きくなりますから、その価値(マークとしての働き)も比例して大きくなります。

これと同じように周年ロゴマークも会社が大きければ大きいほど、その露出範囲は拡大しますから、

大企業が作ればマークの価値も大きくなります。

(でも大企業の場合、形(ナリ)が大きいゆえに実際のロゴ制作効果に繋げていくためのオペレーションは大変です。)

このようにマークは会社が大きければ大きいほど訴求効果は高まります。

また、逆に、マーク側から考えると、使えば使うほど、その価値は拡大することになりますね。

では、ロゴを作ることで実際にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ロゴ制作のメリットは、ひとつに社員の連帯感・責任感を向上させ、

結果として、業績のアップにつなげることができる、ということ。

ふたつめに、取引先に周年年(どし)をアピールすることで、

信用力が増し取引拡大につなげることができるということ。

みっつ目に、創業記念を記念して、各種キャンペーンを張れること、等が考えられます。

また、ロゴを作成したあとの展開を考えると、

アプリケーションとして、シール製作・貼付による、名刺、封筒、各種案内への利用。

記念誌を作成したり、ホームページで周年をPRしたり、記念ノベルティを製作したり、と

多角的な販売拡大のための道具(ツール)への応用が考えられます。

弊社では、ただ今、周年記念ロゴ制作一式で、80,000円のパッケージ販売をしています。

ご興味ある方は、お問い合わせフォームよりご連絡をください。

ぜひ、皆さん、ロゴで結ぶ次代に繋がるイベントや販売促進を企画してみませんか。

 

>>周年応援.com