プリントメディアの活用

即効性と機動力なら、断然プリントメディア!!なのです。

プリントメディア(チラシ・パンフレット類)は、現場での即効性とその機動力の高さにおいて、数多い販促メディアの中でも一番。特に説明が必要な環境下での販売促進や説明が必要な製品を販売したい場合の販促メディアとして大変重宝。営業現場での製品説明やスペック説明、フェイスTOフェイス状況下での詳細説明、また、物として現場に残せる記録性が、宣伝材として大変優れているのです。

ホームページとの連動で、お互いの良さが活かしあえます。

プリントメディアは、記録容量としてみるとその容量には限界があります。容量を増やすと当然紙の枚数も増え、姿もコストも肥満化してしまいます。これに対し、デジタルメディア(ホームページ・ランディングページ)は内容量の増大に対しては大変寛容なメディアです。ここではプリントメディアとデジタルメディアの長所を組み合わせて販売促進につなげることがポイントとなります。

プリントメディアとデジタルメディア、例えばこんな使い方があります。

ダイレクトメールでキャンペーンをお知らせして、キャンペーン詳細はホームページでお知らせする、あるいは、製品販売につながる啓蒙用ホームページを作成、店頭リーフレットでそのURLをPR、啓蒙ホームページを見ていただいたお客様が製品に対して興味や魅力を感じ、また、店頭に戻ってきて、その製品を購入する、といった販促パターンです。プリントメディアとデジタルの利点を活用することで、貴社のPRや製品拡販が望めますよ。

  • パンフレット・カタログデザイン
  • POPデザイン
  • パッケージデザイン

パンフレット・カタログ

製品(サービス)をお客様に購入してもらうために、その製品特長をいかに端的に伝えるのか、これこそパンフレット・カタログが果たすべき使命なのです。一覧しただけで、パンフレットで言わんとすることがおおよそ理解できること、このようなパンフレットを制作して皆さまにお届けしています。

詳しくはこちら

POP

店頭におかれるPOP。この作り方次第で、実際にお店で使用してもらえるのか、また、そうではないのか、が決まります。形状や大きさ、実際の現場に即した内容で制作することで、店頭でのPOP稼働率を上げ、結果として売り上げに貢献できるPOPを皆さまにお届けしています。

詳しくはこちら

パッケージ

パッケージデザインで、売上が大きく違ってきます。大きく?って、どの位かと申しますと、これは数十パーセントの話で済むことではなく、数百パーセントの伸びを示すことさえあるのです。このように、パッケージデザインは、製品を販売して行く際に大変重要なファクターとなります。

詳しくはこちら