デジタルメディアの活用

インターネットはビジネスの生命線!

皆さん、今のビジネス世界、インターネットをうまく活用する企業が、業績を伸ばしていますね。それは、Google、フェイスブック、YAHOO、楽天、等、の企業の躍進を見れば明らかですね。貴社も既存の営業手法にインターネット広告をうまく重ねることで、今よりももっと楽に業績を伸ばすことができます。広告の手法は企業の数と同じだけあると思っていただいて間違いないと思います。

ホームページの創り方の要点

検索で上位表示させるには、一にも二にも、ユーザーにとって魅力的なサイトを創ることです。ユーザーのためになるサイト、常に情報が更新されているサイト、コンテンツが魅力的なサイト、このような視点に基づいて作成しましょう。
言い換えると、どこにもないサイト創りがポイントです。そのためには、貴社の魅力をフルに使って作成しましょう!

  • ホームページ制作
  • ランディングページ制作
  • スマートフォンサイト制作
  • SEO対策

今や、ビジネスは、ホームページからはじまる時代。

企業がビジネスのパートナーを探すとき、現在、最も多く使用されるメディアです。
ここでは、販売促進活動をどのようにホームページ上で展開するのか、を、弊社販売促進例をご紹介することで、ご理解いただければと思います。

詳しくはこちら

ランディングページ+リスティング

ランディングページはサイト構成としては1ページ構成で、1ページが下に長い形をしています。
ページボリュームがホームページより少ないランディングページはSEOが上がりにくいという欠点があります。そこでランディングページはリスティング広告と組み合わせて活用する必要があります。

詳しくはこちら

B to Cのビジネスなら、スマートフォンが7割 スマートフォンを制する者がマーケットを制す!

今、個人ユーザーがサイト検索するとき、スマートフォンがその7割を占めています。
今後はもっとその比率は高まります。貴社がB to Cビジネスを手掛ける企業であれば、
スマートフォン対応ホームページが必須となります。PCと比較してスマートフォンは当然画面も小さいので、ストレスを感じないサイト創りが肝要になります。

詳しくはこちら

現在のSEO市場は?

SEOには外部対策と内部対策という2つの構成の要素から成り立っています。
一昔前は、外部対策のみでも上位表示することが可能でしたが現在では、内部対策がなされていないサイトが上位表示することが非常に難しくなっています。こうした背景から、ホームページを作る際のサイトマップの設計や、ページ内の内容設計が非常に重要になっております。

詳しくはこちら